肌を傷めない入浴方法は?

乾燥肌の人は日々のスキンケアだけでなく、入浴にも気を配る必要があります。乾燥した肌は刺激に敏感になっていますから、入浴の際に肌を傷めてしまう可能性もあるからです。

刺激を与えるような洗い方は避け、手で洗うのも一つの方法

では肌を傷めない入浴方法とはどのようなものなのでしょうか。

 

まず刺激を与えない洗い方。基本中の基本ですが、これがなかなか難しいのです。とくに冬場は肌が痒くてついついかいてしまいがち。

 

またゴシゴシと強く擦って洗ってしまうことも多いものです。ポイントは洗う前にぬるま湯で一通り体を洗い流すこと。これだけで表面の汚れや汗を落とすことができます。

 

その上で洗顔料をしっかりと泡立てた上で洗います。泡立てていないとどうしても強く擦ってしまいますから、泡立ちの良い石鹸やボディソープを選ぶほか、時間をかけて泡立てるよう心がけましょう。

 

タオルによる摩擦にも注意が必要です。なるべく粗いタオルは避け、刺激の少ないものを選ぶこと。もちろんゴシゴシと擦って洗うのは問題外です。

体内で肌の損傷を修復する働きを持つヒートショックプロテインの生成を促すのも◎

また、極端に敏感して肌が敏感になっている場合にはタオルを使用せずに手で洗うのもひとつの方法です。

 

手で汚れをしっかり落とすことが出来るのかと不安に思う人も多いと思いますが、考えてみれば洗顔は手で行っているわけですから、しっかりと洗いさえすれば汚れを落とすことは十分に可能です。

 

最近注目を集めているのがヒートショックプロテイン。これはたんぱく質の一種で、体内で肌の損傷を修復する働きを持っています。

 

この成分はぬるま湯で20〜30分程度つかると生成量が増すため、乾燥肌の対策にも適しているといわれています。毎日ではなく、週に2回程度の頻度でこの入浴法を実践してみるとよいかもしれません。

 

最後に入浴後のケア。バスから脱衣所へ出ると温度・湿度の急激な変化で肌から水分が急速に失われていきます。

 

できるだけ早く水分を拭き取り、化粧水で水分の蒸発を防ぐなどの対策を行いましょう。毎日行う入浴だけに、こうした対策・工夫を続けていけば乾燥肌の改善に少なからぬ影響をもたらしてくれるはずです。

乾燥肌で使ってみたいオールインワン化粧品口コミランキング

乾燥肌に人気の高保湿オールインワン

リソウ リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(3000円)もついて1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

国産馬由来の3大成分配合!浸透力2倍の天然ジェルで長くうるおうジュレ
4,980円・税込/定期コース初回2,980円(2回目以降3,980円)・税込
>>公式ホームページで詳しく見てみる!

エミーノボーテ

乾燥小じわに!楽天1位のプロテオグリカン配合オールインワン美容クリーム
4,320円・税込/定期初回1,980円(2回目以降10%OFF)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!